“Global SCM News”から:TPP交渉「8月決着」困難なワケ 政治決着以外は厳しい状況

夕刊フジのネットニュースで「TPP交渉「8月決着」困難なワケ 政治決着以外は厳しい状況」という記事が出ています。

大前研一先生の時評ですので、切り口は実にシャープ。

なぜTPPがまとまらないかの一つの理由に、米通商代表部(USTR)のマイケル・フロマン代表の手腕について述べていらっしゃるのが面白い。

要するに「よくまとめきれない」人らしい。

時間的制約もかなりのところまで来てしまいました。

早期に決着をつけてもらいたいものです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください