タグ別アーカイブ: FTA戦略的活用研究会

FTA戦略的活用研究会 第6回も有意義に終わりました

2017年2月16日のFTA戦略的活用研究会 第6回も有意義に終わりました。

当日の題目は以下です。

1. 講演
我が国の׭FTA戦略֩
外務省経済連携課課長 岩本 桂一氏

Export Audit − FTA Origin Verification
Head of FTA, Mr . Hoon Sung, トムソン・ロイター

2. 企業׭FTA׭取り組み事例
株式会社ティーエムシー
3. 懇親会

外務省のお話は、現在の日本のFTAの現状に関してで、関心の高い日EU、RCEPの現状を詳しくお話しいただきました。

トムソン・ロイターのHoon氏は、韓国のFTA検認事情を具体的にお話しいただきました。検認の件数、具体的プロセス、チェックされる項目など今まで話が出てこない内容が盛りだくさんでした。検認時の相手国の質問シートサンプルも示していただきました。

ティーエムシーさんのプレゼンは、輸入側のFTA活用のお話で、食品ということもあり、目新しいものでした。

みなさんは懇親会まで残られ、活発な意見交換がされました。Hoonさんのプレゼンは英語でしたが、最後に私が簡単な日本語サマリーをした程度で、あまり問題なかったようです。みなさん流石です。

今回の私のチャレンジは、前回に引き続き、メンバー企業への本研究会のライブ配信でした。前回は配信がブチブチ切れ申し訳なかったのですが、3時間の中で、1回を除き、ほぼHD品質での配信を行うことができました。ほっとしています。

 

 

2月度のFTA戦略的活用研究会では、外務省の講演がございます

2月16日のFTA戦略的活用研究会では、外務省経済連携課課長に最近のFTA動向を講演頂きます。

外務省経済連携課と言えば、日本のFTA交渉の中心にある組織。

とても楽しみです。

明けましておめでとうございます。 FTA戦略的活用研究会 第8回(4月度)の会場が決まりました。

皆様

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

FTA戦略的活用研究会の第8回(2017年4月)の会場が決まりましたので、お伝えします。

2017年4月19日(水) 14:00~

場所: 東京国際フォーラム G510

たばこを吸う場所が5階でしたので、今後は5階の会場を優先的にします。

FTA戦略的活用研究会 第三回セミナー終了

アップが遅くなりました。

11月16日に第3回FTA戦略的活用研究会を行いました。

基調講演をジェトロの方で予定しておりましたが、ジェトロの方の急用で急遽変更。
・ ジェトロの方には12月にお話しいただくようにお願いしています。

アメリカがトランプ政権になること、それに伴ってTPPのアメリカの批准が困難になったこともありまして、基調講演のピンチヒッターをアールFTA研究所の麻野さんにお願いしました。

講演テーマは、

「国際情勢に揺れ動くメガFTA交渉(第二章)ー現実となった「もしトラ」の影響を考えるー」

今後の日本の経済改革の目玉であったメガFTAがどうなるか、その可能性をお話しいただきました。

その後に、二つの企業のプレゼンテーション

  • ローランドディー.ジー.株式会社
  • パナソニック株式会社

様々な質疑が飛び交いました。この日本を代表する企業の顔ぶれを見ると、日本で類をみないFTAの勉強会であると実感した次第です。

第2回は懇親会を致しませんでしたが、フランクに話せる場をという希望が多く、今回は簡単ですが実施しました。

場所を予約せず、「近くの席数の多い喫茶店で大丈夫だろう」という甘い考え方でいたところ、参加者が25名、そして、その日は東京国際フォーラムでイベントがあり、満席。

結果的には、時間が早い(5時)ため、居酒屋で開始。様々な議論が交わされ、スピーカーも全員参加で、とても有意義でした。FTA女子会もしっかり行われていましたよ。

次回の第4回FTA戦略的活用研究会は、忘年会付です。メンバーの皆さんはご予定ください。

次回は、12月14日(水)14:00~、 場所は東京国際フォーラムのG502です。

スピーカーは、ジェトロさん。

そして、企業事例は、

  • ヤマハ株式会社
  • 東洋インキSCホールディングス株式会社
  • 丸紅株式会社

の3社からのプレゼンテーションです。

 

FTA戦略的活用研究会:メンバーリスト(参加検討中も含む) 【2016年10月3日現在】

■メンバーリスト(参加検討中も含む)■

No.     企業名
1       三井物産株式会社
2       マツダ株式会社
3       ローランド ディー.ジー.株式会社
4       花王株式会社
5       パナソニック株式会社
6       コダック合同会社
7       ティーエムシー株式会社
8       ティ・エス・テック株式会社
9       丸紅株式会社
10      荏原製作所
11      株式会社 デンソー
12      ワブコジャパン株式会社
13      東洋インキSCホールディングス株式会社
14      富士重工業株式会社
15      株式会社ムツミ
16      日本特殊陶業株式会社
17      株式会社MORESCO
19      アリアケジャパン株式会社
20      株式会社SHINDO
21      コニカミノルタ株式会社
22      株式会社タニタ
23      三菱ふそうトラック・バス株式会社
24      イオングローバルSCM株式会社
25      日本精工株式会社
26      ヤマハ株式会社
27      イハラニッケイ化学株式会社
28      双日株式会社
29      デンヨー株式会社
30      株式会社川島織物セルコン
31      旭化成株式会社
32      ハイケム株式会社

51      財務省
52      日本関税協会
53      外務省
54      ジェトロ

91      株式会社日立ソリューションズ
92      トムソン・ロイター
93      東京共同会計事務所

FTA戦略的活用研究会の企業事例発表 【2016年10月3日現在】

企業事例の発表ですが、確定は以下の通りです。

■第01回(2016年09月21日)■
・ 三井物産株式会社
・ 株式会社荏原製作所

■第02回(2016年10月20日)■
・ 株式会社タニタ
・ 双日株式会社

■第03回(2016年11月16日)■
・ ローランド ディー.ジー.株式会社
・ パナソニック株式会社

■第04回(2016年12月14日)■
・ ヤマハ株式会社
・ 東洋インキSCホールディングス株式会社
・ 丸紅株式会社

■第05回(2017年01月18日)■
・ 日本精工株式会社
・ 花王株式会社
となっております。

以降は決まりましたらアップします。

第2回FTA戦略的活用研究会のご案内

第2回FTA戦略的活用研究会は以下の内容で開催されます。

■日時■
2016年10月20日(木) 14:00~17:00

■場所■
東京国際フォーラム G402

■講演■
「FTAにおける原産地証明の企業実情: 証拠書類の不備、コンプライアンス、サプライヤーの証明品質」
株式会社ロジスティック 代表取締役 嶋 正和

■FTA活用事例■
1 株式会社タニタ
2 双日株式会社

FTA戦活研 第1回: 懇親会

私は、FTA戦活研では大変重要視しているのは懇親会です。

様々な人とフランクに話せます。その中からの学びも多いです。

今回もほとんどの方が懇親会に参加して頂きました。

FTA戦活研第1回 懇親会 風景

FTA戦活研第1回
懇親会 風景

簡単な食事、飲み物を用意したのですが、皆さん話に熱中。「壁の花」になる方はおられず。

狙いが当り、良かったです。

私がよく言う「FTA女子会」も盛り上がっていました。

FTA戦活研 第1回: 企業のFTAの取り組み発表 株式会社荏原製作所

三井物産に引き続いてお話し頂いたのは、荏原製作所です。

企画管理技術統括 生産企画・システム統括部 企画室 生産指標連携グループの篠原氏にご登壇頂きました。

企業のFTAの取り組み発表 株式会社荏原製作所

企業のFTAの取り組み発表
株式会社荏原製作所

製造業からの初の登壇です。

 

FTA戦活研 第1回: 企業のFTAの取り組み発表 三井物産株式会社

企業のFTAの取り組み発表での最初の登壇者は、三井物産株式会社です。

貿易・物流管理部 輸出入貿易管理室 の嶋田氏と武田氏にご登壇頂きました。

企業のFTAの取り組み発表 三井物産株式会社

企業のFTAの取り組み発表
三井物産株式会社

三井物産のFTAを支援する組織のお話しをうかがえました。

いろいろな質問も出て、有意義であったと思います。