タグ別アーカイブ: FTA戦活研

FTA戦略的活用研究会の第4回+懇親会(忘年会)終了

Global Edge Forumのスピンオフ研究会として発足した、「FTA戦略的活用研究会」。

今回は第4回でした。

内容は、以下のようなもの

  1. 専門家講演
    • 「ASEAN経済共同体(AEC)の中でのAFTAとASEAN+1FTA」
      日本貿易振興機構(ジェトロ) 海外地域戦略主幹(ASEAN) 助川 成也
  2. 企業のFTAの取り組み発表
    • ヤマハ株式会社
    • 東洋インキSCホールディングス株式会社
    • 丸紅株式会社
  3. 懇親会(忘年会)
    • ひびき黒豚劇場 東京国際フォーラム店

TPPの雲行きの悪さや、年末ということで出席者が少ないかと思われましたが、多くの方のご参加を頂戴しました。

ジェトロ助川さんの講演は、アジアのFTAでしたが、最新情報満載でとても興味深く聞くことが出来ました。

企業からの活用発表は3社と従来の2社から1社おおく、スケジュール的にはタイトでした。ですが、どの会社のお話しも他では聞けない内容です。

また、企業発表も従来の「こう活用しています」だけではなく、「こういう問題で悩んでいますが、同じ悩みを持つ会社はありませんか?解決された方はいらっしゃいませんか?」という会の本来の趣旨に沿ったものになってきており、うれしく思います。

FTA戦略的活用研究会 第4回

また、会のメンバ-間での名刺交換を始め、顔見知りになってきたこともあり、質問や意見もぽんぽん出てきました。本当に、「勉強会」の雰囲気が出てきたことを喜ばしく思います。

特に、今回はFTA活用におけるシステム活用事例の説明が多く、これも皆さんの関心の的でした。

意見交換の場として、勉強会の後に、懇親会を開くことをしています。今回は年末と言うことで「忘年会」を行い、2時間半くらいの時間を一緒に過ごしました。

30名を超える方が参加され、活発な話がされました。懇親会にお呼びしたインドの物流会社の方への質問や生活の大変さについての議論、普通は競争している商社さん同士での意見交換など。いいですね~

「これだけの日本を代表する企業の方が集まり、FTA含め海外戦略に関して意見交換をしている会ない。」というお声を頂戴したときには、事務局冥利に尽きると感じました。

この会は国の官庁も大変関心を持ってもらっており、参加してもらっています。企業のリアルな声を伝える会として充実させて欲しいとの企業の声もあり、来年はもうもう一段上を目指していきます。

FTA戦略的活用研究会:メンバーリスト(参加検討中も含む) 【2016年10月3日現在】

■メンバーリスト(参加検討中も含む)■

No.     企業名
1       三井物産株式会社
2       マツダ株式会社
3       ローランド ディー.ジー.株式会社
4       花王株式会社
5       パナソニック株式会社
6       コダック合同会社
7       ティーエムシー株式会社
8       ティ・エス・テック株式会社
9       丸紅株式会社
10      荏原製作所
11      株式会社 デンソー
12      ワブコジャパン株式会社
13      東洋インキSCホールディングス株式会社
14      富士重工業株式会社
15      株式会社ムツミ
16      日本特殊陶業株式会社
17      株式会社MORESCO
19      アリアケジャパン株式会社
20      株式会社SHINDO
21      コニカミノルタ株式会社
22      株式会社タニタ
23      三菱ふそうトラック・バス株式会社
24      イオングローバルSCM株式会社
25      日本精工株式会社
26      ヤマハ株式会社
27      イハラニッケイ化学株式会社
28      双日株式会社
29      デンヨー株式会社
30      株式会社川島織物セルコン
31      旭化成株式会社
32      ハイケム株式会社

51      財務省
52      日本関税協会
53      外務省
54      ジェトロ

91      株式会社日立ソリューションズ
92      トムソン・ロイター
93      東京共同会計事務所

FTA戦活研 第1回: 懇親会

私は、FTA戦活研では大変重要視しているのは懇親会です。

様々な人とフランクに話せます。その中からの学びも多いです。

今回もほとんどの方が懇親会に参加して頂きました。

FTA戦活研第1回 懇親会 風景

FTA戦活研第1回
懇親会 風景

簡単な食事、飲み物を用意したのですが、皆さん話に熱中。「壁の花」になる方はおられず。

狙いが当り、良かったです。

私がよく言う「FTA女子会」も盛り上がっていました。

FTA戦活研 第1回: 企業のFTAの取り組み発表 株式会社荏原製作所

三井物産に引き続いてお話し頂いたのは、荏原製作所です。

企画管理技術統括 生産企画・システム統括部 企画室 生産指標連携グループの篠原氏にご登壇頂きました。

企業のFTAの取り組み発表 株式会社荏原製作所

企業のFTAの取り組み発表
株式会社荏原製作所

製造業からの初の登壇です。

 

FTA戦活研 第1回: 企業のFTAの取り組み発表 三井物産株式会社

企業のFTAの取り組み発表での最初の登壇者は、三井物産株式会社です。

貿易・物流管理部 輸出入貿易管理室 の嶋田氏と武田氏にご登壇頂きました。

企業のFTAの取り組み発表 三井物産株式会社

企業のFTAの取り組み発表
三井物産株式会社

三井物産のFTAを支援する組織のお話しをうかがえました。

いろいろな質問も出て、有意義であったと思います。

 

FTA戦活研 第1回: 「TPP原産地規則について‐輸出の観点から」 財務省 関税局 関税課 原産地規則専門官 酒井 健太郎氏

FTA戦活研 第1回のオープニングは、財務省の方からのTPPの原産地規則。

「TPP原産地規則について‐輸出の観点から」

財務省 関税局 関税課 原産地規則専門官 酒井 健太郎氏

「TPP原産地規則について‐輸出の観点から」 財務省 関税局 関税課 原産地規則専門官 酒井 健太郎氏

「TPP原産地規則について‐輸出の観点から」
財務省 関税局 関税課 原産地規則専門官 酒井 健太郎氏

TPPの原産地証明、自己証明などをご説明頂き、また、参加者からの質問も多くでました。企業以外の省庁の方や識者も出席されているのですが、その方々のやりとりも勉強になりました。

FTA戦略的活用研究会の第1回会合を行いました。

東京国際フォーラムでGlobal Edge Forumの分科会となるFTA戦略的活用研究会の第1回会合を行いました。

この研究会の主旨は、来たるべきメガFTAを最大限活用するためのノウハウを学び合うことにあります。

論点は様々あります

  • FTAにおける原産地証明とコンプライアンス。そして企業マネジメントの関与
  • メガFTAの内容理解とサプライチェーンへの応用
  • メガFTAと国際税務
  • サプライヤーの巻き込み方

などなど。

会合の進め方は、

  • 前半: 専門家による講演
  • 後半: 企業によるFTA活用の現状と悩み(2社程度)

となっており、参加する企業・団体は最低1回のプレゼンテーションが義務づけられています。まあ、1回のプレゼンテーションで、30近い企業・団体の話が聞けるわけですから悪い話ではないはずです。

FTAの先端情報、そしてこれだけの企業の活用事例が聞ける場はそうないはず。

この研究会は各月の第3水曜日に東京国際フォーラムで行うことにしています。(残念ながら次の10月は部屋が押さえられず、木曜日となりますが。)

第1回は以下のような内容でした。

【専門家講演】
「TPP原産地規則について‐輸出の観点から」
財務省 関税局 関税課 原産地規則専門官 酒井 健太郎氏

【企業のFTAの取り組み発表】
三井物産株式会社
株式会社荏原製作所

懇親会
有楽町カフェ&ダイニング by ROYAL

外務省、財務省からの人もいらっしゃいました。次回からはもっと増える予定。企業の悩みもその場で解決するものがあったり、通常のセミナーとは違う雰囲気で行えました。

懇親会もほとんどの方が参加され、厚い意見交換がなされました。

この会合は研究会ですので、資料やプレゼンテーションビデオを公開する予定はございません。

また、メンバーであっても欠席された場合は、資料配付をしないことにしています。参加者間の情報・意見交換を重要視しています。

まだ、参加できる枠は少しありますので、ご興味のある企業はどうぞ。

次回以降企業の事例発表は以下の予定です。

第2回: 2016年10月20日(木) 14:00~17:00
第3回: 2016年11月16日(水) 14:00~17:00
第4回: 2016年12月14日(水) 14:00~17:00

また、企業プレゼンは以下の予定です

第2回
・ 株式会社タニタ
・ 双日株式会社

第3回
・ ローランド ディー.ジー.株式会社
・ パナソニック株式会社

第4回
・ ヤマハ株式会社
・ 東洋インキSCホールディングス株式会社
・ 丸紅株式会社

 

 

FTA戦略的活用研究会: キックオフのセミナービデオをアップしました。

FTA戦略的活用研究会のキックオフを、2016年7月25日(月)に東京国際フォーラムG402で行いました。

その際の、セミナーをYouTubeにアップしましたのでお知らせします。

  1. 国際情勢に揺れ動くメガFTA交渉 ~日本企業の国際ビジネスへの影響~
    株式会社アールFTA研究所 代表取締役 麻野 良二
    ビデオ
  2. 日本企業が陥りやすいFTA原産地証明の落とし穴 ~EPA相談デスクの経験から~
    東京共同会計事務所 公認会計士 八鍬 幸平
    本人の希望で、ビデオ、資料はございません
  3. FTA戦活研についての参加条件、進め方について
    Global Edge Forum 事務局 嶋 正和 (株式会社ロジスティック)
    ビデオ  資料  チラシ

ビデオは全て4Kです。投影されるスライドがとても読みやすくなっています。

FTA戦略的活用研究会: 日程アップデート

FTA戦活研の日程が、アップデートされました

  1. 9月21日(水): 東京国際フォーラムG402
  2. 10月20日(木): 東京国際フォーラムG402
  3. 11月16日(水): 東京国際フォーラムG610  New!

会場が東京国際フォーラムなので、3ヶ月前に申し込みます。ですので、毎月1日は申込みダッシュをせねばなりません。

基本、毎月第3週目の水曜日の午後(14:00~17:00+時により懇親会)を予定しています。

ちなみに、9月の会のプロフェッショナル講演は、最終決定ではありませんが、HSコードの符番について話してもらう予定です。

 

FTA戦略的活用研究会のキックオフを行いました

昨日(2016年7月25日)に、FTA戦略的活用研究会のキックオフを行いました。

私が悪いのですが、具体的な活動開始は9月となります。

昨日は参加希望の会社と同時に、傘下に関心があるが確定ではない会社も交えての会合でした。

FTA活用をしている会社を前提としているので、CTCやVAといった言葉の説明は抜きの会合です。

昨日は、そういった初級を卒業した人向けのセミナーを2本行いました。

国際情勢に揺れ動くメガFTA交渉~日本企業の国際ビジネスへの影響~
株式会社アールFTA研究所 代表取締役 麻野 良二

日本企業が陥りやすいFTA原産地証明の落とし穴 ~EPA相談デスクの経験から~
東京共同会計事務所 公認会計士 八鍬 幸平

そして、私の方から会の趣旨と参加条件を説明しました。

説明資料はこちらです。

企業を超えて、活用を学び合うことと、プロフェッショナルとの距離を近づけ、相談しやすくするためです。

懇親会も大盛況で、大変よかったと思います。

第1回FTA戦略的活用研究会 懇親会風景

第1回FTA戦略的活用研究会 懇親会風景

遠方からの参加者も少なくなく、非常に有意義なキックオフでした。

当日のセミナー映像と資料は今回に限り、公開します(後日)。