タグ別アーカイブ: セミナー

今回のGEFセミナーは「トランプ政権下の国際貿易で勝ち抜くための米国・関税スキーム」。ライブ配信で会場に来れなくても聴講可能

1月に1回はGEFセミナーを行いたいと思っていますが、そうなっておらず、申し訳ございません。

6月は1つセミナーを行います。

今回のGEFのテーマは、「トランプ政権下の国際貿易で勝ち抜くための米国・関税スキーム」

世界的に注目を集めるトランプ政権の下、現在まで米国間接税を軽減してきた1st Saleだけでなく、その他の米国・関税スキームを実現できるのか、更なる関心を集めています。米国政権の最新の動きに合わせてこれらのスキームを適用するためには、企業の従来の戦略を見直す必要が出てくる可能性もあります。

今回のGEFではそのトランプ政権下の国際貿易において、どう対応すべきかに焦点を当て、Sandler, Travis & Rosenberg (STR)の弁護士であるSally Peng氏にご講演を賜ります。

STRは北米・南米・アジアと欧州に事務所があり、関税・国際貿易を中心に世界トップレベルの法務アドバイザリーを行う事務所です。講演では様々な経験に基づいたお話しが聞けるものと存じます。

皆様のビジネスに必ずやお役に立つ内容と存じますので、ぜひお越し下さいませ。 また、会社の方で、この分野にご関心ある方を是非お誘い下さいませ。

また、今回は、セミナーをYouTubeにてLive配信を実験的に行います。遠隔地、当日会社を離れられない方はぜひ、Live配信にてご参加下さい。お申し込みされた方に当日限定のURLをお伝えします。

***************** セミナー情報 ****************************

■テーマ■
「トランプ政権下の国際貿易で勝ち抜くための米国・関税スキーム」
~1stsale・BAT・Non-resident Importer of Record~

■日時■
2017年6月7日(水)14:00~17:00

■場所■
東京国際フォーラム G402
東京都千代田区丸の内3-5-1(東京駅から徒歩5分)
https://www.t-i-forum.co.jp/general/access/

■スケジュール■
14:00~14:10
開会のご挨拶

14:10~17:00
トランプ政権下の国際貿易で勝ち抜くための米国・関税スキーム
~1stsale・BAT・Non-resident Importer of Record~
Sandler, Travis & Rosenberg (STR) 弁護士 Sally Peng氏

■参加料■
セミナー会場参加、YouTubeLive配信閲覧、共に無料

■定員■
80名

■セミナーへの案内書類■
ここからダウンロードできます。
http://bit.ly/GEF_015

■お申し込み■
ここからお申し込みできます。
http://www.global-edge-forum.com/Inquiry/GEF015_Registration.html
案内書類に添付されていますFAX申込書でも可能です。

定員になり次第、申込を締め切らせて頂きます。お申し込みの方には後日ご案内をメールにてお送りいたします。

2月度のFTA戦略的活用研究会では、外務省の講演がございます

2月16日のFTA戦略的活用研究会では、外務省経済連携課課長に最近のFTA動向を講演頂きます。

外務省経済連携課と言えば、日本のFTA交渉の中心にある組織。

とても楽しみです。

第13回 Global Edge Forum セミナーのビデオを公開しました。 「インド間接税(物品サービス税:GST)改革と移転価格税制」

11月28日(月)に東京国際フォーラムで、第13回 Global Edge Forumセミナーを開催しました。

テーマ: インド間接税(物品サービス税:GST)改革と移転価格税制

インドから専門家のBMRをお招きし、講演を行って頂きました。移転価格税制とAPA、そして、最近ホットなテーマのGST(物品サービス税)のお話しを頂きました。

講演者: BMR Advisors – Partner  太田 聖児

(ビデオ:Youtube)

第12回 Global Edge Forum 「貿易の要:HSコードを学ぶ」

第12回GEFでは、貿易の際に非常に重要になるHSコードに関しての無料セミナーを行います。

HSコードは、国際貿易商品の名称・分類を世界的に統一する為に作られたコードで、日本では関税番号とも呼ばれています。最初の6桁は国際的に共通なものとして決められています。

しかし、実際の適用ではいろいろと難しいことが起こる一方で、HSコードを学ぶ機会はそれほど多くはありません。今回のGEFでは、日本関税協会の宮崎氏にお願いし、HSコードに関するセミナーを企画致しました。

皆様のビジネスに必ずやお役に立つ内容と思いますので、ぜひお越し下さいませ。

■テーマ■
第12回GEF無料セミナー「貿易の要:HSコードを学ぶ」

■日時■
2016年11月07日(月)14:00~17:00

■場所■
東京国際フォーラム G610
東京都千代田区丸の内3-5-1(東京駅から徒歩5分)
https://www.t-i-forum.co.jp/general/access/

■スケジュール■
14:00~14:10    開会のご挨拶

14:10~16:20    「HSコードを理解する(仮)」
公益財団法人 日本関税協会 調査・研究担当 部長 宮崎 千秋氏

16:40~17:00    Q&A ほか

■費用■
無料

■定員■
80名

■お申し込み方法■
【セミナー詳細】
下記サイトからセミナー案内と申込み書をダウンロードできます。
http://bit.ly/GEF20161107

【ネットでのお申し込み】
http://www.global-edge-forum.com/FTA_Study_Group/GEF010.html

2016年8月24日にトムソン・ロイターのセミナー、ONESOURCE DAY 2016でパネルディスカッションのモデレータをします

2週間後の、トムソン・ロイターのセミナー、ONESOURCE Day 2016でパネルディスカッションでモデレータをする事になりました。

無料セミナーなので、よろしければ来られませんか。

**************************************************************************
【以下、トムソン・ロイターのセミナー説明】
トムソン・ロイターは、世界の企業や専門家が必要とする高度なインテリジェント情報を持つ先進企業「Answer Company」として、顧客の皆様が競争を優位に勝ち抜くための様々なサービスを提供しています。「インテリジェント情報」とは、コンテンツや革新的なテクノロジーと人的な専門知識を融合したもので、お客様に新たな行動をとるための知識を提供し、より的確で、より速い意思決定を可能にします。
トムソン・ロイターは日本のお客様向けに国際税務の専任チームを立ち上げ、関税、間接税、そして移転価格税制に、税務の自動化を中心としたITソリューションONESOURCEをお届けいたしております。この度弊社では世界の成功事例や、税務テクノロジーとトレンドの紹介を通じて日本市場における国際税務の最適化に貢献したくONESOURCE Dayを開催します。
【セミナ-】
トムソン・ロイター ONESOURCE Day ~国際税務×テクノロジ-~

【日時】
2016年8月24日(水) 10:00-

【プログラム】

(午前:全体セッション)

10:00-10:30  受け付け開始
10:30-10:40  開始後挨拶
-トムソン・ロイタ- T&A事業部 ディレクタ- 植木 謙
10:40-11:30  基調講演
-TMI総合法律事務所 通盛大志郎、岩品信明
11:30-12:00  国際税務とタックステクノロジ-のご紹介
-トムソン・ロイタ- T&A プレジデント Brian Pecarelli
(午後:ソリュ-ション分科会)

<トラック1: グロ-バルタックスプランニング及びコンプライアンス>

13:30-14:00  2016 Global BEPS Readiness Survey Report
-トムソン・ロイタ- T&A事業部 タックスプロフェッショナル 相川 恵理子
14:00-14:40  移転価格税制の最新実務
-TMI総合法律事務所 岩品信明
14:40-15:00  コ-ヒ-ブレ-ク
15:00-16:00  トムソン・ロイタ-の国際税務ソリュ-ション
-トムソン・ロイタ- T&A事業部 セールスマネージャー 木村 靖史、渡邊 誠
16:00-16:50  国際税務の自動化 最新事例
-トムソン・ロイタ- ONESOURCE, Solution Consultants, Manager Brad Jowers
17:00-   懇親会

<トラック2: 貿易実務の自動化とサプライヤーマネジメント>

13:30-14:00  Global Trade Management Survey
-トムソン・ロイタ- Global Trade Management, Managing Director Taneli Ruda
14:00-14:40  FTA活用の重要性と課題
-間接税務サービス部門長 パートナー 岡田 力
14:40-15:00  コ-ヒ-ブレ-ク
15:00-15:50  トムソン・ロイタ-の貿易ソリュ-ション
-トムソン・ロイタ- T&A事業部 シニアコンサルタント 岩崎 幸市
16:00-16:50  パネルディスカッション
-モデレータ 株式会社ロジスティック 代表取締役 嶋 正和
17:00-   懇親会

【場所】
ハイアットリ-ジェンシ-東京(新宿)B1階 「平安」(東京都新宿区西新宿2丁目7?2)
http://tokyo.regency.hyatt.com/ja/hotel/home.html

【参加費】
無料

【定員】
100名

【言語】
日本語と英語(セッションにより同時通訳を提供)

【お申し込み】
Global Edge Forumでお申し込みをとりまとめます。下記のサイトからどうぞ
http://www.global-edge-forum.com/Others/TR_Seminar_20160824.html

【セミナーの詳細】

TOP

経済産業省の補助事業「EPA相談デスク」にて講演をします

EPA相談デスクで講演を東京ですることになりました。

テーマは、「EPA(経済連携協定)活用セミナー」

今年は、昨年度のコンプライアンスに加えて、原産地証明に欠かせないサプライヤーの協力支援の話を交えようかと思っています。

サイトは下記ですが、満席のようです。

https://epa-info.jp/seminar/epa_001.php

第9回GEFセミナーを、12日に名古屋で、13日に大阪で行いミました

東京で2月25日に行った第9回GEFセミナーを、12日に名古屋で、13日に大阪で行いました。

多くの方にご参加いただき、それぞれの都市でもやはりGEFのセミナーを開催したいなと思います。

日立ソリューションズさんとトムソン・ロイターさんの全面協力でできたセミナーでもありました。

本当にありがとうございました。

トムソン・ロイターさんは、シンガポールから責任者のキム氏が来日され、大阪では簡単にスピーチも行っていただきました。

これからもいいセミナーが出来るように頑張りますので、よろしくお願いします。

IMG_1754[1]

 

2016年5月19日にGEF第11回のセミナーを東京で行いました。

GEFの第11回セミナーを行いました。

ゲストスピーカーがトムソン・ロイターさんであったこともあり、場所をトムソン・ロイターさんのプレゼンテーション・ルームをお借りして行いました。

70名弱のご参加を頂き、大盛況でした。

贅沢な機材、丁重なおもてなしをトムソン・ロイターさんにしていただき、今後のセミナー運営の期待値が上がってしまったなと困っております。(笑)

次回はまだ決まっておりませんが、またお伝えします。

IMG_1756[1] IMG_1757[1]

GEF 第10回セミナーにお越しいただき、ありがとうございました。

昨日(2016年4月25日)に、第10回GEFセミナーを行いました。

お申し込み101名。ご参加いただいた方91名。

毎回、多くの方にお越しいただき、ありがとうございます。

毎回東京国際フォーラムで行っていますが、ガラス棟の会議室では今回使ったG402の部屋がほぼ最大級。もっと大きな部屋を使おうと思いますと、別の棟の高い会議室となりますので、頭を悩ましております。

遠くは広島から来ていただきました。

また、以前に申し上げたFTA女子会のオリジナルメンバーが終結(東京で!)、そして、更に多くの女性の方がメンバーに。

終わった後も、あちこちで談笑や、真剣なビジネスのお話をされていました。

本当はやりたかったことの一つが、このような交流なんですね。

自分のプレゼンテーションにだめ出しをして、反省をする一方で、とてもうれしいセミナーとなりました。

皆様、ありがとうございました。

次回のGEFは、場所を名古屋と大阪にして、5月12日と13日です。

Global Edge Forumの第10回を開催します。

第10回Global Edge Forumセミナー開催のお知らせ

「FTA活用の問題はココだ:分科会へのお誘い」

Global Edge Forum(GEF)では、第10回目のセミナーを4月25日に開催します。

テーマ:「FTA活用の問題はココだ:分科会へのお誘い」

私がFTAの活用のコンサルティングを開始してから11年。特に昨年はEPA活用のアドバイザーを拝命し、100社以上の企業への活用アドバイスと、20近くのセミナーで企業の皆様と意見交換を交わして参りました。

そこでの発見は以下のようなものです。

  • セミナーのEPA活用事例で発表される企業ほど、担当者が悩みを抱えている
  • 原産地証明も問題のある企業が多いが、その状態で輸出され、コンプライアンスに不安がある
  • サプライヤーの証明に依存する部分も多い。サプライヤーの対応拒否や、サプライヤーの対応内容が不安
  • 日本はなんとかやれているが、海外法人のFTA対応はわからないだけに不安だらけ
  • メガFTAが来ると、個人の能力依存の現行体制ではとても無理
  • FTAのサプライチェーンへの応用は頭でもわかるが、とてもではないが現状では対応不可能
  • 経営者にこの問題を戦略とコンプライアンスの両面から捉えてもらう必要がある

これらの問題は、EPA相談デスクやセミナーなどの国のサポートというよりは、企業そのものの姿勢に起因するものです。

そこで、GEFは、「FTA活用対策分科会(仮)」という会を立ち上げ、参加企業の方と共に、FTAを活用できる体制構築を考えていく事としました。会ではGEFとは別に定期的に様々なことを行いたいと考えております。

  • FTAに関する基本知識セミナー(例: HSコードの判定方法、新しいFTAの情報共有)
  • 参加企業による活用・悩み事例発表とメンバーでの討議
  • 海外戦略の基本セミナー: GEFが行っている海外税務・法務などのセミナーも共有
  • 経営陣・上司を巻き込む: 経営陣、上司をセミナーにお越しいただき、それぞれのお立場から現状の問題点を理解していただく
  • サプライヤー向けFTA勉強会: サプライヤーを巻き込んだFTA活用
  • プロフェッショナル・サービス: コンサルティング、ITなどFTAに関連するプロフェッショナル・サービスを知り、業務に生かす
  • など

第10回GEFではこの「FTA活用対策分科会(仮)」の設立に関するショートセミナーと、参加をご希望される企業様の募集に関する説明をさせて頂きます。

  • 会の特性上、FTAの活用をされる企業の参加を優先させて頂きます。

 

テーマ:            FTA活用の問題はココだ:分科会へのお誘い

日時:               2016年4月25日(月)14:00~16:00         東京

場所:               東京: 東京国際フォーラム G402
東京都千代田区丸の内3−5−1(東京駅から徒歩5分)
https://www.t-i-forum.co.jp/general/access/

スケジュール:

14:00~14:10   開会のご挨拶
14:10~15:10 TA活用の本当の問題: 原産地証明からサプライチェーン、コンプライアンスまで
株式会社ロジスティック 代表取締役 嶋 正和
15:10~15:40 FTA活用対策分科会発足について(会名称は暫定)
15:40~16:00 Q&A

定員:               80名

参加料:            無料

お申し込み:

ネットでHP(http://bit.ly/GEF20160425) から申込可能です。または、別紙の参加申込書をFAXもしくは、pdfをメールにて頂戴できますれば幸いです。
・FTA活用をされる企業のご参加を優先します。

定員になり次第、申込を締め切らせて頂きます。お申し込みの方には後日ご案内をメールにてお送りいたします。