第14回Global Edge Forumセミナー開催のお知らせ: 「環境激変の時代にゲームチェンジはどこで、なぜ起きるのか?」

世界情勢が目まぐるしく変わり、それが企業の戦略にも大きな影響を与えています。ゲームチェンジャーと呼ばれる物事の流れや優劣を根底から覆すような、新しい可能性や思想を持つ個人・製品・企業が現れ、従来の企業も戦略もよりシビアに見直さなければならなくなっております。

今回のGEFではそのゲームチェンジにどう対応するかに焦点を当てます。

そこで、第14回Global Edge Forum では、元ボストン・コンサルティング・グループ代表で早稲田大学ビジネススクール教授の内田和成氏にご講演を賜ります。

企業の実経営に長年関与されてこられました内田和成氏は、日本航空株式会社を経て、ボストン・コンサルティング・グループに入社、代表を務められた方で、長年の経営コンサルティング活動で多くの企業トップにアドバイスをされてきました。講演では様々な経験に基づいたお話しが聞けるものと存じます。

皆様のビジネスに必ずやお役に立つ内容と存じますので、ぜひお越し下さいませ。 また、会社の方を是非お誘い下さいませ。

 

 

テーマ:              「環境激変の時代にゲームチェンジはどこで、なぜ起きるのか?」

日時:                2017年4月26日(水)14:00~16:00

場所:                東京: 東京国際フォーラム G701
東京都千代田区丸の内3−5−1(東京駅から徒歩5分)
スケジュール:

14:00~14:10 開会のご挨拶

14:10~16:00 「イノベーションのトライアングル」
-環境激変の時代にゲームチェンジはどこで、なぜ起きるのか?-
元ボストン・コンサルティング・グループ代表
早稲田大学ビジネススクール教授   内田 和成 氏

参加料:             無料

定員:                100名

 

お申し込み:

ネットから申込可能です。

または、参加申込書をFAXもしくは、pdfをメールにて頂戴できますれば幸いです。

定員になり次第、申込を締め切らせて頂きます。お申し込みの方には後日ご案内をメールにてお送りいたします。

 

FTA戦略的活用研究会 第6回も有意義に終わりました

2017年2月16日のFTA戦略的活用研究会 第6回も有意義に終わりました。

当日の題目は以下です。

1. 講演
我が国の׭FTA戦略֩
外務省経済連携課課長 岩本 桂一氏

Export Audit − FTA Origin Verification
Head of FTA, Mr . Hoon Sung, トムソン・ロイター

2. 企業׭FTA׭取り組み事例
株式会社ティーエムシー
3. 懇親会

外務省のお話は、現在の日本のFTAの現状に関してで、関心の高い日EU、RCEPの現状を詳しくお話しいただきました。

トムソン・ロイターのHoon氏は、韓国のFTA検認事情を具体的にお話しいただきました。検認の件数、具体的プロセス、チェックされる項目など今まで話が出てこない内容が盛りだくさんでした。検認時の相手国の質問シートサンプルも示していただきました。

ティーエムシーさんのプレゼンは、輸入側のFTA活用のお話で、食品ということもあり、目新しいものでした。

みなさんは懇親会まで残られ、活発な意見交換がされました。Hoonさんのプレゼンは英語でしたが、最後に私が簡単な日本語サマリーをした程度で、あまり問題なかったようです。みなさん流石です。

今回の私のチャレンジは、前回に引き続き、メンバー企業への本研究会のライブ配信でした。前回は配信がブチブチ切れ申し訳なかったのですが、3時間の中で、1回を除き、ほぼHD品質での配信を行うことができました。ほっとしています。

 

 

2月度のFTA戦略的活用研究会では、外務省の講演がございます

2月16日のFTA戦略的活用研究会では、外務省経済連携課課長に最近のFTA動向を講演頂きます。

外務省経済連携課と言えば、日本のFTA交渉の中心にある組織。

とても楽しみです。

明けましておめでとうございます。 FTA戦略的活用研究会 第8回(4月度)の会場が決まりました。

皆様

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

FTA戦略的活用研究会の第8回(2017年4月)の会場が決まりましたので、お伝えします。

2017年4月19日(水) 14:00~

場所: 東京国際フォーラム G510

たばこを吸う場所が5階でしたので、今後は5階の会場を優先的にします。

FTA戦略的活用研究会の第4回+懇親会(忘年会)終了

Global Edge Forumのスピンオフ研究会として発足した、「FTA戦略的活用研究会」。

今回は第4回でした。

内容は、以下のようなもの

  1. 専門家講演
    • 「ASEAN経済共同体(AEC)の中でのAFTAとASEAN+1FTA」
      日本貿易振興機構(ジェトロ) 海外地域戦略主幹(ASEAN) 助川 成也
  2. 企業のFTAの取り組み発表
    • ヤマハ株式会社
    • 東洋インキSCホールディングス株式会社
    • 丸紅株式会社
  3. 懇親会(忘年会)
    • ひびき黒豚劇場 東京国際フォーラム店

TPPの雲行きの悪さや、年末ということで出席者が少ないかと思われましたが、多くの方のご参加を頂戴しました。

ジェトロ助川さんの講演は、アジアのFTAでしたが、最新情報満載でとても興味深く聞くことが出来ました。

企業からの活用発表は3社と従来の2社から1社おおく、スケジュール的にはタイトでした。ですが、どの会社のお話しも他では聞けない内容です。

また、企業発表も従来の「こう活用しています」だけではなく、「こういう問題で悩んでいますが、同じ悩みを持つ会社はありませんか?解決された方はいらっしゃいませんか?」という会の本来の趣旨に沿ったものになってきており、うれしく思います。

FTA戦略的活用研究会 第4回

また、会のメンバ-間での名刺交換を始め、顔見知りになってきたこともあり、質問や意見もぽんぽん出てきました。本当に、「勉強会」の雰囲気が出てきたことを喜ばしく思います。

特に、今回はFTA活用におけるシステム活用事例の説明が多く、これも皆さんの関心の的でした。

意見交換の場として、勉強会の後に、懇親会を開くことをしています。今回は年末と言うことで「忘年会」を行い、2時間半くらいの時間を一緒に過ごしました。

30名を超える方が参加され、活発な話がされました。懇親会にお呼びしたインドの物流会社の方への質問や生活の大変さについての議論、普通は競争している商社さん同士での意見交換など。いいですね~

「これだけの日本を代表する企業の方が集まり、FTA含め海外戦略に関して意見交換をしている会ない。」というお声を頂戴したときには、事務局冥利に尽きると感じました。

この会は国の官庁も大変関心を持ってもらっており、参加してもらっています。企業のリアルな声を伝える会として充実させて欲しいとの企業の声もあり、来年はもうもう一段上を目指していきます。

第13回 Global Edge Forum セミナーのビデオを公開しました。 「インド間接税(物品サービス税:GST)改革と移転価格税制」

11月28日(月)に東京国際フォーラムで、第13回 Global Edge Forumセミナーを開催しました。

テーマ: インド間接税(物品サービス税:GST)改革と移転価格税制

インドから専門家のBMRをお招きし、講演を行って頂きました。移転価格税制とAPA、そして、最近ホットなテーマのGST(物品サービス税)のお話しを頂きました。

講演者: BMR Advisors – Partner  太田 聖児

(ビデオ:Youtube)

FTA戦略的活用研究会 第三回セミナー終了

アップが遅くなりました。

11月16日に第3回FTA戦略的活用研究会を行いました。

基調講演をジェトロの方で予定しておりましたが、ジェトロの方の急用で急遽変更。
・ ジェトロの方には12月にお話しいただくようにお願いしています。

アメリカがトランプ政権になること、それに伴ってTPPのアメリカの批准が困難になったこともありまして、基調講演のピンチヒッターをアールFTA研究所の麻野さんにお願いしました。

講演テーマは、

「国際情勢に揺れ動くメガFTA交渉(第二章)ー現実となった「もしトラ」の影響を考えるー」

今後の日本の経済改革の目玉であったメガFTAがどうなるか、その可能性をお話しいただきました。

その後に、二つの企業のプレゼンテーション

  • ローランドディー.ジー.株式会社
  • パナソニック株式会社

様々な質疑が飛び交いました。この日本を代表する企業の顔ぶれを見ると、日本で類をみないFTAの勉強会であると実感した次第です。

第2回は懇親会を致しませんでしたが、フランクに話せる場をという希望が多く、今回は簡単ですが実施しました。

場所を予約せず、「近くの席数の多い喫茶店で大丈夫だろう」という甘い考え方でいたところ、参加者が25名、そして、その日は東京国際フォーラムでイベントがあり、満席。

結果的には、時間が早い(5時)ため、居酒屋で開始。様々な議論が交わされ、スピーカーも全員参加で、とても有意義でした。FTA女子会もしっかり行われていましたよ。

次回の第4回FTA戦略的活用研究会は、忘年会付です。メンバーの皆さんはご予定ください。

次回は、12月14日(水)14:00~、 場所は東京国際フォーラムのG502です。

スピーカーは、ジェトロさん。

そして、企業事例は、

  • ヤマハ株式会社
  • 東洋インキSCホールディングス株式会社
  • 丸紅株式会社

の3社からのプレゼンテーションです。

 

2016年11月7日に、第12回GEFセミナー「貿易の要:HSコードを学ぶ」を行いました。

2016年11月7日に、東京国際フォーラムで第12回GEFセミナーを行いました。

テーマは、「貿易の要:HSコードを学ぶ」

HSコードに関してはなかなか概要セミナーがありません。

そこで、日本関税協会の宮崎さんに講演をお願いしました。

最近のGEFセミナーの特徴ともなっていますが、特にこのセミナーは募集から締切までたったの3日です。スクール形式で81名の部屋を急遽シアター式にして、受け付けましたが、120名が埋まるのがあっという間でした。お申し込みできなかった人には大変申し訳なく思っております。

プロ中のプロの宮崎さんのお話しは大変わかりやすく、2時間という長丁場をエネルギッシュにお話し頂き、皆さんとても熱心に聞いて頂きました。

第12回GEFセミナー「貿易の要:HSコードを学ぶ」 日本関税協会 宮崎氏

第12回GEFセミナー「貿易の要:HSコードを学ぶ」 日本関税協会 宮崎氏

そして、トムソン・ロイターの岩崎氏には、トムソン・ロイターのHSコード判定支援のツールをご説明頂きました。「HS Classifier」という名前です。

第12回GEFセミナー「HS Classifier」 トムソン・ロイター 岩崎氏

第12回GEFセミナー「HS Classifier」 トムソン・ロイター 岩崎氏

ご参加頂いた皆様、部屋が狭くすいません。

第12回 Global Edge Forum 「貿易の要:HSコードを学ぶ」 申込みを締め切りました

第12回 Global Edge Forum 「貿易の要:HSコードを学ぶ」

好評につき、申込みを締め切りました。

会場の都合上、机席の定員80名から、シアター形式のいす席に転換し定員を130名まで増やしましたが、5日で満席となりました。

お申し込みをこれからとお考えの方には、大変申し訳ないことを致しましたが、お許しください。