カテゴリー別アーカイブ: 原産地証明

2018年8月31日のGEFセミナー(第20回、第21回)を公開します

2018年8月31日に東京で実施した第20回と第21回のGEFセミナーのビデオを公開します。
・2018年10月19日の大阪のものとは違います

プラットフォームはYouTubeです。

FTA原産地証明アプローチと完全自己証明への備え

日EU EPAの原産地規則を読み解く

第22回Global Edge Forum無料セミナー開催のお知らせ 「EUとTPP: 完全自己証明への備え」(2018年10月19日:大阪開催)

第22回Global Edge Forum無料セミナー開催(大阪開催)のお知らせ
EUとTPP: 完全自己証明への備え

ロジスティックはこの7月に「戦略的FTA活用ハンドブック 2018年度版」を発刊しました。省庁でも読まれていた弊社ハンドブックの大幅改訂版です。その本では、原産地証明のアプローチをより深く踏み込み、HSコードの考え方、証明方法、証拠書類フォーマットに至るまで踏み込みました。また、完全自己証明への対応、近年増えている検認におけるコンプライアンス・リスクにも言及しています。

EUとTPPでは原産地証明書が完全自己証明となります。その為の備えをする必要があります。協定の内容は従来のFTAとは違ったものとなり、また、TPPとEUの間でも差があります。そのことを理解するために、原産証明で必要である、原産地規則と品目別原産地規則を読みやすい形の冊子として刊行しました。これらFTAにたいして準備するためには必読の項目です。

EUとTPP、そして完全自己証明、2つのメガFTAの原産地規則を理解し、そして、完全自己証明に対する備えをどうすべきか、その内容に踏み込んだ無料セミナーを大阪で開催します。8月末、9月上旬に東京で行った2つのセミナーを1つにまとめ、かつ、TPPを盛り込み、より深掘りした野心的な内容となっております。是非お越しください。セミナーの後半では、これらの課題に対するソリューションにお役に立つトムソン・ロイターと日立ソリューションズのサービスも合せてご紹介いたします。

本を既にお持ちの方はぜひ、会場にお持ち下さい。書籍の内容がよりよく分かるのではないかと思います。遠隔地の方、お時間が取れない方向けのYouTubeによるライブ配信も予定しております。

皆様のビジネスに必ずやお役に立つ内容と存じますので、ぜひお越し下さいませ。 また、会社の方にもぜひご案内くださいませ。

テーマ: 
EUとTPP: 完全自己証明への備え
株式会社ロジスティック 代表取締役 嶋 正和
–  第三者証明から完全自己証明へのシフト
–  完全自己証明において企業が対処すべき事
–  日EU EPAとTPPの原産地規則の違い
–  検認のリスク
–  2つのメガFTAに対処する。RCEPをにらんで

FTAソリューション提案
–  トムソン・ロイター
–  株式会社日立ソリューションズ

日時:  
2018年10月19日(金)13:30~17:00

場所: 
大阪(梅田)グランフロント内ナレッジキャピタル C-02(Tower C)
大阪府大阪市北区大深町3−1 グランフロント大阪内
・ 大阪駅からのアクセスが入り組んでいます

対象:     
FTAで原産地証明を行う輸出者及び生産者の企業の方
・ 該当されない場合は、お断りする場合があります

参加料:
無料

お申し込み:
ネットでから申込可能です。

または、参加申込書をFAXもしくは、pdfをメールにて
頂戴できますれば幸いです。

定員になり次第、申込を締め切らせて頂きます。
お申し込みの方には後日ご案内をメールにてお送りいたします。

本に関して:     
サイトから購入も出来ます。
当日サンプル本をご用意しております。

 

GEFのFTA分科会、FTA戦略的活用研究会は7月25日に第1回を行います

お待たせしました。

GEFのFTA分科会を開く日程が決まりました。

FTA戦略的活用研究会(FTA戦活研)という名称で行います。

日時: 2016年7月25日(月) 14:00~17:00

場所: 東京国際フォーラム(G402)

お約束通り、分科会で会社プレゼンをしてくださる企業は、無料で分科会にずっと参加できます。

話だけを聞きたい企業は、1回の出席で3万円(正会員:FTAでの原産地証明を作成される企業)、15万円(賛助会員:ITサービスなど支援ビジネスを考えている企業)をなっております。

この値段を高いと思われるかどうかのご判断はお任せしますが、活用する企業にとってメリットのある分科会とするためであることをご理解下さい。

チラシを作成しました。以下となります。

http://bit.ly/GEF_FTA_StudyGroup

現在は参加検討の企業も含め、正会員27社、賛助会員5社です。

 

経済産業省の補助事業「EPA相談デスク」にて講演をします

EPA相談デスクで講演を東京ですることになりました。

テーマは、「EPA(経済連携協定)活用セミナー」

今年は、昨年度のコンプライアンスに加えて、原産地証明に欠かせないサプライヤーの協力支援の話を交えようかと思っています。

サイトは下記ですが、満席のようです。

https://epa-info.jp/seminar/epa_001.php

GEF 第10回セミナーにお越しいただき、ありがとうございました。

昨日(2016年4月25日)に、第10回GEFセミナーを行いました。

お申し込み101名。ご参加いただいた方91名。

毎回、多くの方にお越しいただき、ありがとうございます。

毎回東京国際フォーラムで行っていますが、ガラス棟の会議室では今回使ったG402の部屋がほぼ最大級。もっと大きな部屋を使おうと思いますと、別の棟の高い会議室となりますので、頭を悩ましております。

遠くは広島から来ていただきました。

また、以前に申し上げたFTA女子会のオリジナルメンバーが終結(東京で!)、そして、更に多くの女性の方がメンバーに。

終わった後も、あちこちで談笑や、真剣なビジネスのお話をされていました。

本当はやりたかったことの一つが、このような交流なんですね。

自分のプレゼンテーションにだめ出しをして、反省をする一方で、とてもうれしいセミナーとなりました。

皆様、ありがとうございました。

次回のGEFは、場所を名古屋と大阪にして、5月12日と13日です。

GEF久しぶりの大阪セミナー、初の名古屋セミナー

ご案内のように、GEFは久しぶりに大阪でセミナーを行います。

また、名古屋で初めて行います。

http://www.global-edge-forum.com/GEF_Seminars/pg229.html#GEF09_Nagoya_Osaka

これも日立ソリューションズとトムソン・ロイターの協力があってこそです。

お申し込みも順調です。

もし、参加ご希望でしたら、お早めのお申し込みをお願いします。

GEF 第9回のセミナーで、トムソン・ロイターのプレゼンテーションビデオを公開しました

トムソン・ロイターの社内承認も下りました。

GEF 第9回のセミナーで、トムソン・ロイターのプレゼンテーションビデオを公開しました。

これで3つのセミナー共にビデオを公開しました。

ご覧下さい。

http://www.global-edge-forum.com/GEF_Seminars/GEF_009.html

 

GEFの第9回セミナーを無事終えました

GEFの第9回セミナーを無事終えることができました。

予定していた以上のお申し込みを頂き、

  • 1週間で申込みを締切り
  • 会場は机席だけではなく、半分いす席に

このようなご不便をおかけし、本当に申し訳なく思っております。

セミナーのお申し込みは本年度に入って増え、当初予定していた会場では対応できない状況が続いております。この問題を解決すべく、ない知恵を働かせております。

次回はそのようなことがないようにしたいと思っております。

近日中には、セミナービデオと資料を公開します。

今回のセミナーを、大阪と名古屋で行うことが決まりました。

日程は改めてお伝えしますが、4月か5月を考えております。

また、企業の海外戦略におけるコンプライアンスの意識が強いことを受け、コンプライアンスのセミナーをまずは東京で4月に行おうと準備しておりますので、お楽しみにして下さい。

Global Edge Forum(GEF)では、第9回目のセミナーを2月25日に開催します

Global Edge Forum(GEF)では、第9回目のセミナーを2月25日に開催します。

テーマ:「FTAプロフェッショナル・サービス
今年はFTAでもメガFTAが多く表に出てきます。TPP、日EU、RCEP(ASEAN10カ国と日中韓ほか3カ国)、日中韓。これらが締結、発効されますと日本からFTA対象国への輸出割合が20%だったものが、80%にまで跳ね上がり、海外ビジネス上でFTAは避けて通ることができないものになります。

また、メガFTAは「累積」という仕組みがあります。これが企業のサプライチェーン(調達~製造~販売)の仕組みを大きく変える可能性があり、日本企業はそれに対する準備が必要となります。

それに加え、TPPでは「自己証明」という商工会議所を経ない原産地証明をする必要があり、企業の管理体制によっては、証明が不十分だと、遡って課税+追徴課税+輸入者との関係悪化+輸出先の税関での通関への影響といったリスクとなりますし、企業のコンプライアンス上の問題となる可能性大です。

GEFでは、こういったFTAの課題へのソリューションをご紹介することになりました。

「FTAプロフェッショナル・サービス」
FTA原産地証明アウトソーシングサービスとFTA原産地証明プロセスの妥当性監査
-株式会社ロジスティック
FTA原産地証明の自動化システム
-トムソン・ロイター
サプライチェーンの最適化によるコストマネジメントソリューション
-株式会社日立ソリューションズ

皆様のビジネスに必ずやお役に立つ内容と思いますので、皆様お誘いの上、ぜひお越し下さいませ。
【セミナー概要】

■名称:

第9回 Global Edge Forum セミナー
■テーマ:

「FTAプロフェッショナル・サービス」

■日時:

2016年2月25日(木)13:30~17:00
■場所:

東京国際フォーラム G402
東京都千代田区丸の内3-5-1(東京駅から徒歩5分)

■スケジュール:

13:30~13:40 開会のご挨拶

13:40~14:30  FTA原産地証明アウトソーシングサービスとFTA原産地証明プロセスの妥当性監査
株式会社ロジスティック 代表取締役 嶋 正和

14:40~15:30  FTA原産地証明の自動化システム:ONESOURCE GLOBAL TRADE FTA
トムソン・ロイター

15:40~16:30  サプライチェーン最適化によるコスト マネジメント ソリューション
株式会社日立ソリューションズ

16:30~17:00  Q&A

■定員:

80名
■参加料:

無料
■お申し込み:

ホームページにて受付

ホームページに案内のpdfがあります。ご記入していただき、FAXしていただいても結構です。
■Global Edge Forumとは■

弊社と他の専門家と共同して、企業の海外進出に関してそれぞれの分野の専門家を招き、多角的に問題を検討するフォーラム「Global Edge Forum」を立ち上げました。

一つの問題に対して、各分野のプロは、各自の知識を背景にした正解を持っていますが、経営者は自社の事業を中心とした総合的な判断を下す必要があります。海外事業を成功させるためには、文書化された取り決め、法解釈といった、いわば固い分野の知識から、現地で行われているリアルな商取引の現状まで、幅広い情報が求められます。「Global Edge Forum」は、グローバリゼーションが進行する中で、日本企業が国内の常識に縛られず、海外事情に柔軟に対応するための課題をそれぞれの専門家と共に検討するフォーラムです。

▼Global Edge Forum:  http://www.global-edge-forum.com

 

EPA活用セミナー:福井の巻

経済産業省受託事業として東京共同会計事務所が行ってるEPA活用セミナーが、2015年12月1日に福井市で行われました。

場所は、福井県繊協ビル。

定員50名で40名半ばの人に来て頂きました。やはり、繊維の方々が多く来られていました。

世の中はTPPで盛り上がっていますが、来られた方はEPA(FTA)を実際に事業に活用しようとされている方々。実際に発効している協定に対しての関心が大変高かったです。

EPA活用セミナー@福井

福井で行われたEPA活用セミナーの風景