カテゴリー別アーカイブ: 未分類

2016年11月7日に、第12回GEFセミナー「貿易の要:HSコードを学ぶ」を行いました。

2016年11月7日に、東京国際フォーラムで第12回GEFセミナーを行いました。

テーマは、「貿易の要:HSコードを学ぶ」

HSコードに関してはなかなか概要セミナーがありません。

そこで、日本関税協会の宮崎さんに講演をお願いしました。

最近のGEFセミナーの特徴ともなっていますが、特にこのセミナーは募集から締切までたったの3日です。スクール形式で81名の部屋を急遽シアター式にして、受け付けましたが、120名が埋まるのがあっという間でした。お申し込みできなかった人には大変申し訳なく思っております。

プロ中のプロの宮崎さんのお話しは大変わかりやすく、2時間という長丁場をエネルギッシュにお話し頂き、皆さんとても熱心に聞いて頂きました。

第12回GEFセミナー「貿易の要:HSコードを学ぶ」 日本関税協会 宮崎氏

第12回GEFセミナー「貿易の要:HSコードを学ぶ」 日本関税協会 宮崎氏

そして、トムソン・ロイターの岩崎氏には、トムソン・ロイターのHSコード判定支援のツールをご説明頂きました。「HS Classifier」という名前です。

第12回GEFセミナー「HS Classifier」 トムソン・ロイター 岩崎氏

第12回GEFセミナー「HS Classifier」 トムソン・ロイター 岩崎氏

ご参加頂いた皆様、部屋が狭くすいません。

TPPが大筋合意へ

TPPの閣僚会合で、難産ではありましたが、大筋合意を迎えることになりそうです。

最後のハードルとなったのが新薬のデータ保護期間と乳製品問題でのアメリカ。

土壇場に折り合いが見られ、最終的には共同声明での発表を待ちますが、大筋合意となりました。

甘利大臣、お疲れ様でした。

記事に関してはこちらを

http://global-scm.pro/news/?s=TPP

第3回Global Edge Forumセミナーの動画をYouTubeにアップしました。 その1:アジアにおけるメガFTA:将来の姿を中韓FTAの内容からひも解く

 

第3回Global Edge Forumセミナーの動画をYouTubeにアップしました。

まずは、私のパートから。

Global Edge Forum 第3回セミナー

テーマ: グローバル戦略:変化への先読みと対応

第2部: アジアにおけるメガFTA:将来の姿を中韓FTAの内容からひも解く

講演者: 株式会社ロジスティック 代表取締役 嶋 正和

2015年2月4日 @東京国際フォーラム

昨年末、中国・韓国FTAの大筋合意がなされました。これはASEAN10か国と日中韓含む6か国のRCEPというメガFTAに先んじるものであり、また、交渉中の日中韓FTAの内容にも大きな影響を与えます。11月に韓国産業通商資源部が公表した「韓中FTA詳細説明資料」を中心に、日本と中国を交えたFTAがどのような姿になりえるかを考えて参ります。